記事一覧
求人一覧

「医師LIFE」のおすすめ記事



勤務医師と開業医


※医師には大きく分けて2つの種類があるのをご存知でしょうか。それは勤務医師と開業医師です。それぞれにはどのような特徴があるのでしょうか。まず勤務医師ですが一般の企業での働き方で言ったら会社員に位置付けられるもので、病院などの医療機関に雇われて働いている医師のことです。

勤務医の中でも常勤と非常勤という2種類があります。常勤はその医療機関に正規の社員として雇用されフルタイムで働いている人のことです。非常勤とはその医療機関の正規フルタイムの社員ではないもののことで、多くは派遣契約により働いていたりアルバイト契約によって働いています。ほかの医療機関にも勤めており掛け持ちしていることが多く、決められた曜日の決められた時間だけその医療機関で働いています。大きな病院や入院患者を抱えるような病院では、日常勤務と当直勤務というものがあります。

日常勤務とは日中の診療時間に勤務することで当直勤務はいわゆる夜間勤務のことで、入院患者さんへの急変に備えてまた運ばれてくる急患に備えて夜間に待機しています。


医師不足とその対応策


近年、我が国における医師不足が問題となっています。特に、地方の小病院における不足が顕著になってきています。都会の病院や地方の大病院は、症例数も多く、医師が新たな技術を学ぶことができるなどの面がある一方、地方の小病院の中には、実質的に休暇をとることがほぼ困難な状態となっているところもあります。

このようなことから、特に僻地における病院の勤務希望者は多くはない状況にあります。また、医療に関する事務的業務量が増大し、このことが医師を多忙にし、診療業務に時間的圧迫を与えている面もあります。近年は、インフォームド・コンセントなど、患者の意志と権利を尊重する傾向が高まり、治療法等について医師が患者にリスク等を説明することも多くなってきています。

手術等においては、事前に患者本人、家族から書面による了解を得るようにしている場合もあります。セカンドオピニオンを求める患者も多くなってきており、結果的に、医師の仕事量を増加させています。





-医師LIFE-

医師にできることとは

2013-03-07 12:52

医師はとても責任が重くとても、信頼されていないとできない仕事で毎日がすごく辛いです。しかし医師はそんなことであきらめません。人の命を預かっているのですから、気を抜けないし放り出すこともできません。

なので最後まで役目を果たすまで一生懸命その命を救うことだけに集中しなければなりません。そうとう神経を使う仕事だし、仕事の量も他の仕事と比べると多くて、残業も珍しくないので一番大変な仕事と言ってもいいくらいです。しかしその代わりに給料が高いのが良いところです。でもほとんどの人が命を救うために働いているので給料はあまり関係ありません。

その人の気持ちの問題なので給料で動く人は医師にはいません。ただ自分の目標に向かって働いているので別に給料はそんなに意識はしていません。なので真面目で頭がよくなくては医師にはなれないし、試験も突破できません。優秀な人だけが揃った仕事なので失敗をすることはとても大きな問題です。








「医師にできることとは」の続きを読む